PR

道志村「きく屋」のわらじソースかつ丼と8月の道志みち・山中湖ツーリング

ツーリング

2023年8月27日(日)晴れ

今日は8月最後の日曜日。仕事もひと段落したので軽いツーリングに出かけることにしました。

今日の目的は、道志村「きく屋」のわらじソースかつ丼と夏の山中湖&富士山です。

東京から道志

のんびり起きて、午前10時過ぎ自宅を出発しました。お昼ごはんを道志で食べるために、東名高速から海老名JCT経由で圏央道 相模原ICを目指します。

相変わらずの猛暑なので、圏央道 厚木PAで水分補給を行います。このパーキングは比較的空いているのでバイクを止めやすいですね。

FZ750@圏央道 厚木PA
FZ750@圏央道 厚木PA

道の駅どうし

圏央道 相模原ICからは国道412号線経由で道志みち(国道413号線)を進みます。道志みちに入ったあたりからは少し涼しさを感じます。しばらく走ると「道の駅どうし」に到着です。

この猛暑の中でもバイクでツーリングされている方は沢山いらっしゃいました。

FZ750@道の駅どうし
FZ750@道の駅どうし

きく屋

道志川を渡り少し坂を上がると今回のツーリングの最初の目的地「きく屋」に到着です。

店名きく屋
住所山梨県南都留郡道志村上中山9734
電話番号090-4222-2588
営業時間11:00 ~ 14:30
定休日不定休
道志村「きく屋」さんの入口
道志村「きく屋」さんの入口

お店の作りは個人のお宅に上がる感じで玄関を入ってテーブルに着きます。
驚いたのは、8月にもかかわらず店内ではエアコンは稼働していませんでした。窓全開にするだけで十分な涼しさを感じられるのはよいですね。

さて、メニューを拝見します。今日は日曜日ですので担々麺はありません。うな重(中国産)にひかれることもないので、わらじソースかつ丼の豚ロースカツの枚数を決めます。

以前より少しだけ値段が上がっていますが、良心的な価格です。

道志村「きく屋」のメニュー(2023年8月時点)
道志村「きく屋」のメニュー(2023年8月時点)

わらじソースかつ丼 着丼です。
今回は豚ロースカツ2枚です。1枚でもと思いつつも欲が出てしまいました。

道志村「きく屋」わらじソースかつ丼 豚ロースカツ2枚 1,000円(税込)
道志村「きく屋」わらじソースかつ丼 豚ロースカツ2枚 1,000円(税込)

東京ではカツ丼といえば卵でとじたカツ丼ですが、山梨ではご飯の上にキャベツを敷いて、その上にカツを載せるのがカツ丼です。

提供された時点でカツにはしっかり甘じょっぱいタレのようなソースが掛かっています。

わらじソースかつ丼のふたをとった姿
わらじソースかつ丼のふたをとった姿

「わらじ」というだけあってカツは結構大きいですが、お肉は柔らかくとてもおいしいです。
キッチンばさみを借りることもできるので、食べやすい大きさに切ることもできます。

やはり2枚はかなりのボリュームですが、ちょっと頑張って完食しました。ご馳走様でした。

道の駅どうし付近の道志川
道の駅どうし付近の道志川

あまりにお腹がいっぱいなので、木陰で道志川を眺めながら休憩です。

気持ちの良い風が吹いていて、よい休憩ができました。

道志から山中湖

道志みち(国道413号線)を暫く走り、山中湖に到着しました。

スカッと夏らしい青空と雲、そして山々。
夏らしい山中湖に来ることができました。

夏らしい山中湖とFZ750
夏らしい山中湖とFZ750

山中湖から東京

山中湖からは山梨県・神奈川県・静岡県の3県にまたがる、山梨県道730号・神奈川県道730号・静岡県道147号山中湖小山線(山中湖小山線)を進みます。

途中には富士山と山中湖を望む絶景スポットがありますが、富士山が雲で隠れていました。

周りは沢山のススキです。8月も下旬となり夏の終わりの少し感じました。

山中湖小山線から富士山と山中湖を望む
山中湖小山線から富士山と山中湖を望む

静岡県小山町に近づくと富士スピードウェイがちょっとだけ見えました。

山中湖小山線から富士スピードウェイを望む

小山町ではちょっと雨に降られましたが、国道246号線と東名高速を経由して無事に帰還しました。

本日の走行距離:147.0 Mile(約 235.2 km)

道志つながりでこちらもどうぞ

タイトルとURLをコピーしました