PR

エンジンオイル交換と車検前整備

メンテナンス

作業日:2023/02/11
走行距離:54080.6 Mile

来月(2023年3月)に車検なので、今日はエンジンオイルとオイルフィルターの交換を行いつつ、車検前の確認を行います。

今回交換するオイルとパーツの確認

今回使用するエンジンオイルは、ヤマルーブ プレミアムシンセティック 4Lです。
オイルフィルターなども今回は純正品を調達しました。

このFZ750のエンジンはFZR1000(87年式 2GH)です。2GHのエンジンオイル量はこちらです。

通常交換時 2.7L
オイルクリーナーエレメント交換時3.0L
エンジンオーバーホール時3.6L
※エンジンオイル交換時はオイル点検窓のレベルゲージで確認のすること。

今回購入した部品は以下のとおりです。

部品名称部品番号価格(税込)数量購入元
ヤマルーブ プレミアムシンセティック 4L90793-324195,366円1amazon
O-リング (26H)93210-16629132円1Webike
O-リング(1KF)93210-87723440円1Webike
ワツシヤ, プレート90201-21608154円1Webike
エレメント, オイルクリーナー36Y-13441-001,144円1Webike
ガスケツト214-11198-01165円1Webike
オイル以外は、FZR1000 (87年式 2GH)のパーツリストからの抜粋

エンジンオイルとオイルフィルター交換作業

通常のオイル交換のようにオイルパンの下にオイル受けを準備します。オイルフィラーキャップを外してからドレーンボルトを外します。十分にエンジンオイルが抜けたところで、オイルフィルターのカバーを取り外します。

画像の中心にある黒い物体がオイルフィルターカバー

今回のオイル交換では、オイルフィルターの取り付けと併せて、オイルフィルター付近に取り付ける「ワッシャ,プレート(1L9)」品番 90201-21608を取り付けます。

FZ750/FZR1000(型式:2GH)のオイルフィルター付近の構成部品

以前、このFZ750のエンジンオイルとフィルター交換を二輪用品店に任せました。
先日、オイルフィルターを交換しようとしましたが、バイパスバルブアセンブリ②を緩めてもカバー, オイルエレメント①が外れない状態となっておりました。

原因はワッシャ,プレート⑥ が組まれていない状態だったため、スプリング, コンプレツシヨン⑤ がエレメント⑦ のシール部分に刺さり、バイパスバルブアセンブリ② を緩めてもカバー, オイルエレメント① が外れない状態でした。

パーツリストをもとに構成部品をそろえて組付けます。

FZR1000(型式:2GH)のオイルフィルター付近の部品構成図
FZR1000(型式:2GH)のオイルフィルター付近の部品構成図

オイルフィルター組付後、ドレンボルトのドレンワッシャ(ガスケット)を新品に交換して適正な力で締め付けます。

FZR1000 ’87 (2GH) のオイルパンは FZ750と異なりドレンボルトが左後方である

ドレンボルトを締め付けたら、新しいオイルを入れます。
こぼさないようにオイルを入れるため、アストロプロダクツの「フォールディング シリコーンオイルファンネル」を使っています。

created by Rinker
アストロプロダクツ
¥374 (2024/07/24 09:53:38時点 Amazon調べ-詳細)

アストロプロダクツの「フォールディング シリコーンオイルファンネル」は、こんな感じに丁度よく収まります。

オイルを入れたら、オイルの点検窓でオイル量を確認します。
LOWERラインとUPPERラインの間にあればOKです。

バッテリーの補充電

車体周りを一通り確認しましたが問題はありませんでした。
あえて言えば、バッテリーが若干弱い感じだったので、補充電を行います。

このFZ750のバッテリーは、SKYRICH製リチウムイオンバッテリー 型番:HJTX14AHQです。SKYRICH製リチウムイオンバッテリーは通算2個目です。このバッテリーは2019年3月から使用していますが、特に問題は生じていません。

専用の充電器を用いて、適切に充電を行います。

今日の作業はこれで終了です。

タイトルとURLをコピーしました