PR

YAMAHA PAS 光るリフレクターに交換

メンテナンス

先週、我が家の電動アシスト自転車 ヤマハ PAS Cheer(2020年式)ヘッドライトを交換しました。夜間の安全をより向上させるため、後ろの反射板(リフレクター)をキャットアイ社製 太陽光充電式の光るリフレクターTL-SLR120に交換します。

太陽光充電式の光るリフレクター

CAT EYE 太陽光充電式リフレクター(TL-SLR120)の優れている点はこちらです。
・太陽光パネルで日中充電ができる(直射日光下4時間充電で約22時間点滅)
・夜間走行時に振動を感知すると自動で赤いLEDが点滅
・停止後も約1分間点滅し続けるので信号待ちも安心

created by Rinker
キャットアイ(CAT EYE)
¥1,927 (2024/07/25 21:29:33時点 Amazon調べ-詳細)

少しだけ難点をあげると専用のニッケル水素ボタン電池 GP17AAAH(税込380円ぐらい)を使用することぐらいです。この電池は自転車量販店で購入可能です。楽天でも扱ってますが送料がかかりますので、よく検討してください。

created by Rinker
¥650 (2024/07/25 21:29:33時点 楽天市場調べ-詳細)
キャットアイ社製 太陽光充電式のリフレクターTL-SLR120
キャットアイ社製 太陽光充電式のリフレクターTL-SLR120

このリフレクターは、取り付け前に電池に通電できるようにするため電池ホルダーの差し替えが必要です。マイナスドライバーで反時計回りに45度回転させて電池ホルダーを取り外します。

マイナスドライバーで反時計回りに45度回転させて電池ホルダーを取り外す
マイナスドライバーで反時計回りに45度回転させて電池ホルダーを取り外す

こちらが電池ホルダーを取り外したところです。

TL-SLR120から電池ホルダーを取外し
TL-SLR120から電池ホルダーを取外し

電池ホルダーの▲を解除側に合わせて、マイナスドライバーで時計回りに45度回転させて電池ホルダーを固定します。

マイナスドライバーで時計回りに45度回転させて電池ホルダーを固定する
マイナスドライバーで時計回りに45度回転させて電池ホルダーを固定する

太陽光充電式の光るリフレクター取付け

ヤマハ PAS Cheer(2020年式)純正リフレクターとキャットアイ社製 太陽光充電式の光るリフレクターTL-SLR120の比較です。TL-SLR120のほうがやや大きいです。

ヤマハ PAS Cheer(2020年式)純正リフレクターとキャットアイ社製 太陽光充電式の光るリフレクターTL-SLR120の比較
ヤマハ PAS Cheer(2020年式)純正リフレクターとキャットアイ社製 太陽光充電式の光るリフレクターTL-SLR120の比較

リフレクター固定にはフェンダー側に穴が2か所必要です。片側の穴が固定用のネジ穴、もう一つが回転を防止するための爪が刺さる穴です。ヤマハ PAS Cheer(2020年式)には2か所の穴があるので、フェンダー側の加工はなしで取り付けることができました。

ヤマハ PAS Cheer(2020年式)にキャットアイ社製 リフレクターTL-SLR120を取り付け
ヤマハ PAS Cheer(2020年式)にキャットアイ社製 リフレクターTL-SLR120を取り付け

TL-SLR120のリフレクターは、地面とほぼ垂直となり取り付け角度も問題ありません。

TL-SLR120のリフレクターの角度は問題なし
TL-SLR120のリフレクターの角度は問題なし

これで夜間の走行も安心ですね。
YAMAHA PAS ヘッドライト交換に関しては、こちらの記事をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました